メールやラインよりも彼と電話で話したい時に有効な戦法とは?


スポンサーリンク


YUKA863_TEL15184846_TP_V.jpg



友達以上恋人未満、また自分から告白して交際し始めたばっかりの彼に
自分から電話をかけるのは緊張するもの。


「今、電話しても大丈夫かな?」
「寝てないかな?起こすと悪いし…」
なんて、いろいろ気を遣ってしまう。


けれど彼の声が聞きたくて仕方ない。


でも「なんだよ、寝てたのに」とか言われたらどうしよう。
話し中だったら「誰と電話してるんだろう」とか
色々と勘ぐってしまう。


恋愛をすると、たかが1本の電話でも頭がパニック状態に陥ります。


メールやラインは比較的、何も気にせず連絡を取り合えるツールだけど
電話は相手のプライベートを独占してしまうからこそ気を遣う。
時間帯はもちろん、忙しいかも知れない、寝てるかも知れないなど。


だけど好きな相手の「声」は誰だって聞きたい。
寝る前に彼の「おやすみ」の声を聞きたい。



そこで、超簡単なのに彼に可愛く思われるテクニックを紹介します。







スポンサーリンク




それは「1分だけ電話してもイイ?戦法」です。
すごく簡単なことだけど、かなりの効果は見込めます。


しかも相手に伝えやすいし
1分なら彼にさほど負担をかけずに済む。


「1分なら、まあいいか。」という気持ちにさせることができる。



彼と深夜にラインかメールをしていたとする。
「じゃ、おやすみ」「おやすみ」みたな内容のやり取りが終わった後に


「ねぇ、1分だけ電話してもいい?」とだけ送る。
彼から「いいよ」というメッセージが届いたらすぐに電話をかけて
「おやすみなさい」だけを言ってすぐに電話を切る。


彼からもしも「え?今から電話?」というメッセージが返ってきたら
「じゃあ10秒だけ!」とメッセージを送り、後は同じ。


これを何度か続けること。


何度か続けていく中で彼が「何でいつもおやすみだけなの?」
と聞いてきたらチャンス。


「寝る前に○○くんの声を聞くと落ち着くから」とか
「1日の終わりに聞きたいのが○○くんの声だから」とか
甘いことばを言う、これだけ。


そのうち彼の方から「もう少し話そうか」とか
「もう少ししゃべれるよ」なんて言いだしてくること間違いありません。


もちろん「1分だけ電話してもイイ?戦法」は
「おやすみ」以外の話をしても大丈夫なんだけど必ず1分だけ。


「女の話は長い」と思っている男に対して長電話をしてしまうと
「アイツ、話長いからな…」と思われるのでこの作戦は使えません。


1分以内で電話を切るのは彼に「名残り惜しさ」を感じさせるため。
そして毎夜の1分の電話を「彼の楽しみの1つ」のさせるため。


一度、お試しあれ。





にほんブログ村

恋愛テクニック ブログランキングへ