色っぽさは自分で作る!「手」を使って男心を掴む方法


スポンサーリンク


jhgfdsdfg_TP_V.jpg


自分に色気がないと悩んでいるならそれは簡単に解決できる。
「色気は自分でつくればいい!」のです。


色っぽく見せるコツ。
それはつまり「手」をいかに上手く使えるかです。


自分のカラダのパーツで自信があるところや見て欲しい場所には
何度も手を運ぶようにする。


唇に自信があるなら人差し指で唇の真ん中をポンポンと押し当てて
唇の柔らかさや弾力をアピールしてみる。
何か考え事をしている時や、彼の話を聞く時は人差し指を唇に当てたまま
ジッと彼の目を見る。




スポンサーリンク



胸元が開いたトップスを着ていたり、胸元に自信があるのなら
あえてそれを隠すように谷間付近に手を添えて彼の話を聞く。


だけど自分が話す時は胸元から手を離して
身振り手振りを加えて話す、これを繰り返します。



彼に注目してほしい場所には
「手を添える」と「離す」を繰り返す
ようにすること。



あまり頻繁にやりすぎると不自然に見えたり
落ち着きがないように見られるので、あくまでも自然に的確に。



また、使う手は利き手ではない方がぎこちなさが出て色っぽく見える。

唇や胸元だけじゃなく、自分のカラダの触れながら会話をする姿は
とても色っぽく見えるもの。


利き腕で自分のカラダを抱くようにして
利き手じゃない方の手で自分の首筋から鎖骨にかけてのラインを
撫でるようにする仕草は身に着けておくこと。


自分のカラダを包み込むようにすることでカラダにくびれができる。
これはすごく色っぽく見えるので鏡の前で試してみて。



「手」を上手く使うことができれば色気なんて簡単に作れます。






にほんブログ村

恋愛テクニック ブログランキングへ